インターネット回線は一度設置したらずっと使い続ける必要がある

インターネット回線は一度設置したらずっと使い続ける必要があると勘違いしやすいですが、適時切り替えが可能です。

ただし、切り替えにはいくつかの条件があり、中でも2年縛りによって料金を下げている場合には違約金が発生する場合もあるので注意したいところです。


一般的にプロバイダーの切り替えよりも面倒な回線の切り替えですが、キャンペーンが行われている場合には違約金を支払ったとしても十分もとが取れることが多くなっています。


多くの場合、キャンペーンで手数料は無料になるケースが・・・



インターネット回線を切り替える際に必要な経費としては、2年縛りがある場合は1万円程度の違約金、また、回線を新規に追加する際には3000円程度の手数料が必要ですが、多くの場合、キャンペーンで手数料は無料になるケースが多く、工事についても基本料金は無料であることが多いです。

ただし、インターネット回線を2階まで引き上げるとか、難しい工事が必要な場合は別途見積りとなることが多いです。

工事費は無料で計算した場合、キャッシュバックは多くが2万円から3万円が相場となっていますが、時期によっては回線契約で4万円、指定プロバイダーを2年など、複数年契約することでさらに2万円キャッシュバックとなることが多くなっています。

ただし、プロバイダーについては最低利用期間が設けられることが多いので注意したいところです。

また、光コラボを利用することが前提の場合は電話番号の扱いがどのようになるかをチェックしておく必要があります。